コロナ×緊急事態宣言×オリンピック_私たちが目を向けるべきものとは?

皆様、いつもブログをご覧いただきありがとうございます。






どうも、明るい室長です。





緊急事態宣言、4度目の発令が決まりましたね。




皆様もいろいろと言いたいことはあると思います。




先行き不透明な今の世の中に対する不安、

政府に対する苦言や不満、

オリンピックに対する期待や不安、

いろいろとあると思います。




私自身、言いたいことはあります。

そりゃあります。



その中でも、私が心に決めていることがあって、

1.前向きな発言や、頑張っている人を応援するポジティブな発言は、めちゃめちゃ発信する。

2.ただ、ネガティブな発言や、誰かが聞いて嫌な気持ちになるような発言は、絶対に言わないですし、他人に拡散されてしまうような場所(SNSやニュースのインタビューなど)では絶対に言わない。

を心掛けています。



もちろん、絶対に守れるかと言われれば素人ならではの自由度こそあれど、この安易に発信できてしまう今の時代だからこそ、

頑張っている人へ応援メッセージを届けたい。その一心なんです。




悪いこと、評論、コメント、これって誰でもできると思うんです。



ただ、物事を決める土俵に立つことができるのはほんの一握りですし、その中で不安要素を跳ね除けて各分野のトップ、責任を張っている人たちはその人たちにしかできませんし、本当に、本当に頭が下がる思いです。





世間で不平不満をゴミのポイ捨てみたいにまき散らしている人らへ







私が言いたいことはただ一つです。








じゃあお前が代わりにやれよ。








ってことに尽きるのかなって思います。




物事の進め方に対して意見を述べることは良いことだと思うんです。



ただ、自分でやりもしないのに「国民の意見」だって偉そうに吐き捨てるのは違うと思います。



もちろん厳しい意見を向けられていることも事実ですし、十分に行き届かなかった点もあるかもしれません。




それでも、私にはあんな役割も責任も担えませんし、もう信じるしかないってのが本音です。

それ以外ないです。







悪いのは全部「コロナ」なんです。



「政府」でもなければ、「オリンピック」でもないです。



悪いのは、全部「コロナ」のせいなんです。






「オリンピック」応援しましょうよ。





アスリートは、ただでさえこの状況下、国民とは比にならない程のプレッシャーと今日も戦ってますよ。





国民が健康な日々を取り戻すために、





オリンピックが国民の希望の光になると信じています。







本日は以上です、ここまで読んで頂きありがとうございました。





明るい室長

最新情報をチェックしよう!