コロナワクチン接種(2回目)の感想

みなさん、今日もブログをご覧頂きありがとうございます。







どうも、明るい室長です。








タイトルにもあります通り、今日は「コロナワクチン接種」について語りたいと思います。






一回目接種時の感想はこちらよりご覧ください。

http://www.akaruku.net/?p=90






それでは、前回と同様にいろいろと振り返っていきたいと思います。







【事前準備について】




事前に届く接種クーポンと問診票に必要事項を予め記載し、当日持参すること。
⇒前回と同様ですね。


会場が混雑していることを考慮し、自宅で予め体温を測っておくこと。(実際にこの行動はやっておいて良かったみたいです。)
⇒今回も、こちらの事前準備によってとてもスムーズでした。場所によっては現地検温が必須の場合もございますのでご注意ください。


前の日は禁酒すること。
⇒こちら、ダメと言われてわかってはいたのですが、正直、接種日前日までのストレスが本当にひどくて、糖質ゼロビールのロング缶を一缶だけ頂いております。本当に申し訳ありませんでした。(誰に謝ってる?笑)










【接種会場について】



こちらは前回同様、耳鼻咽喉科さんで接種頂きました。




ちなみに、私の地域は一回目の予約が完了したと同時に、2回目においても『自動予約』となっておりましたので、安心して会場へ行けました。




むしろそれが不安となって、接種会場でも「2回目の予約完了メールがこないんだけどどういうこと?」と言った、説明を読めばわかる質問が病院に寄せられてしまっていたのは残念でしたね。




今回、こういった予約手続きは市などの行政が担っているはずなので、病院は基本的にアウトプット情報しか受け取ることはなく、当日の接種対応に専念されているはずですので、余程大きな接種会場でもない限り、その手の質問には答えようがないはずなんです。




質問を誰にするか、しっかりと相手を思いやることと、誰に対してお聞きすればよいのか、そういったことを予め考えたうえで行動に移してほしいものです。






※ちなみに、今回も待ち時間は数分程度ですぐに接種できました。




本当に感謝です。



ありがとうございました。




【ワクチン接種後の感想】




今回は、せっかくですので、時系列順に纏めさせて頂きます。






接種直後・・・特に異常なし。接種した左肩にも影響がない様子。






6時間後・・・左肩、すでに90度以上上げようとすると痛みが生じ始める。





12時間後・・・37度前半の熱が到来。めまいと頭痛、肩の痛み、その他全身の変な痛み(なんか膠原病の変な関節痛と近しいものを感じました。)あり。





18時間後・・・このとき午前3時ですがギリ起きてました。引き続き微熱に悩まされ、悪寒もあり。






24時間後・・・微熱継続。悪寒あり。めまいは抑えめ、肩の痛みも継続。






36時間後・・・熱は36度後半を推移。引き続き悪寒、怠さが継続。寝付くに寝付けずゴロゴロ過ごしてました。






48時間後・・・熱は平熱に戻る。肩の痛み継続。若干のだるさあり。






60時間後・・・平熱が継続。肩の痛みも「痛みはあるが可動域は概ね正常のレベル」にまで回復。









といった感じです。











【まとめ】

正直今回もキツかったですね。




わかってはいたものの、こうやって症状が出ることを予想すると、打つ前から結構恐怖でしたが、やっぱり2回目の方がしんどかったです。



いろいろとコンビニやらスーパーで、寝込んでも大丈夫なように食材を買い込んでましたので、その点はナイス判断でした。


(※しかしながら、トイレットペーパーがほぼ残量ゼロとなっていたことは盲点で、そのためだけにマツキヨまでチャリをこがざるを得なかったのはここだけの話)








ここまで読んで頂きありがとうございます!










また次回もよろしくお願いいたします!!










明るい室長

最新情報をチェックしよう!